プラグイン Jetpackでアクセス解析と SNS連携

Jetpackでアクセス解析とSNS連携をしよう

今回説明するのは、Jetpackというプラグインです。

アクセス解析、SNSとの連携をしてくれるサイトです。その他にも機能を持っている総合プラグインのようなものです。

インストール→Jetpackを設定

そうするとWordPress.comにとばされます。アカウントを作成しなければならないのですが、無料で作成できるのですが、アカウントを作りたくないという方は、アクセス解析とSNS共に他のプラグインがあるのでそちらを使用することをお勧めします。

登録が終わるとJetpackの最低限の設定は完了です。(WordPress.comのアカウント設定で日本語に設定しておくとプラグインの表示も日本語になるのでやっておくといいでしょう。)

時間を置くとJetpack→サイト統計情報に何人見に来たかどこから来たかが表示されます。下の画像のような表示で見れます。

  • 棒グラフ:表示回数
  • リファラ:自分のサイトへどこから来たか
  • 人気の投稿とページ:今日の表示回数の多いページを順番に
  • クリック:外部リンクのクリック回数

個人的には、アクセス解析が分かりやすくて気に入っています。

アクセス解析に関しては、別の記事で他のプラグインも説明します。

Jetpackの設定で他の機能のON、OFFを設定できます。

最低限設定しておくといいかなと思う機能をここに記しておきます。それ以外は、ご自分で試して機能を使うかを判断してください。(テーマやほかのプラグインで同じ機能がある場合が多いので私は、そちらを使っているため)

執筆

画像の遅延読み込みを有効にする
スペリング、スタイル、文法をチェック

共有

トラフィック

投稿の後に関連コンテンツを表示→見出し付きの関連記事をハイライト表示する

セキュリティ

サイトの稼働率をモニター
怪しいログイン活動をブロック
特に画像を遅延読み込みは、ユーザビリティの向上が見込めます。
どんな機能かというと、ページが読み込まれたときにすべての画像を読み込んで表示せずにユーザが画像の近くに移動すると読み込みを開始するので、ページの表示速度を改善するのでユーザのストレスが軽減されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする