④SSLの設定

ここでは、SSLの設定について説明します。

SSLとは

単純に言うと、暗号化です。

httpsと頭について🔓のマークがついてるサイトは、この暗号化を対応していますのサインです。(うちのサイトも対応してます)

なぜ必要なのか?

①サイトを見に来てくれる人の情報を守るため

ユーザーも安全なサイトの方が安心して使えますよね

②google検索順位等に影響するため

googleがSSL対応での検索順位の優遇を2014年から行っています。検索でサイトに来るユーザが減ってしまうのを防ぐため対応しましょう。

さらに2018年7月にリリースする「Chrome68」から、すべてのhttpサイトで「保護されていません」との表示が出るようになっています。

このような理由からSSLを対応する必要性が出てきています。

難しそうに見えますが、やる作業は主に3つぐらいですね。

①レンタルサーバーの設定をする

②wordPressのURLを変更

③プラグインを導入

①レンタルサーバーの設定をする

スターサーバを例に説明します。

有料のSSLもありますが、とりあえず無料のを追加します。

サーバ側が対応するまでに少し時間がかかる場合があるので気を付けてください。

他のサーバでも似たような形で導入が可能です。

②wordPressのURLを変更

設定の一般を選択

URLをhttp→httpsに書き換え

これで完了です。

③プラグインを導入

サイトのすべてを完全にSSL化するために導入しています。

httpの方にも現状アクセスできるためそれを防ぐためです。

.htaccessを書き換える方法もあるのですが、今回はプラグインでの方法を説明します。

今回使用するのは、Really Simple SSLを導入します。

プラグイン→新規追加 検索でReally Simple SSLを入力

左のカギマークをインストール→有効化→SSLを有効化します

おめでとうございます!これで完了です。

では、記事を書いてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする