②独自ドメインについて

サーバを用意出来たら、WordPressをインストールして起動しましょう。

とその前にドメインについて説明します。

ドメインとは

自分のサイトのアドレスのことで、

私のところで言うとipnext.jpのことですね。

このアドレスは、どうしているかというと独自で取得しています。

独自といっても専門の業者さんに申し込みして同じ名前がなければ申し込みできます。

私は、スターサーバーとお名前.comで取得しました。

スターサーバーはレンタルサーバと同じところで取得できるので、管理が簡単という理由で選んでいます。

レンタルサーバを借りた時点で、何かしらのドメインが用意されているので、それでよければそのまま使っても問題ないですよ。

取得方法は、こんな感じです。

①つけいたいドメイン名で検索 試しにnextipやってみます。

この場合nextip.jpであれば独自ドメインとして取得出来るということです。

どこのサイトでもこのようなやり方で取得できます。

com net jp等で値段が違うので注意して下さい。

レンタルサーバと同じ会社でなくてもドメインはほぼ使えるので、問題ないです。

(一応、調べることをお勧めしますが)

前回レンタルサーバーの中でドメイン取得も出来るのは下記です。

エックスサーバー wpXは同会社の運営のためエックスドメインがあります。

さくらのレンタルサーバ

スターサーバー

カラフルボックス

Zenlogic

Z.com

名づけてねっと

先ほどお名前.comで取得したと書きましたが、なぜかというと中古ドメインを取ってみたかったからです。

今までのお話は、自分でつけたい名前を取る方法です。

中古ドメインとは、人が使っていらなくなったものを買うという方法です。

なぜこんな方法があるかというと、他のサイトからのリンクからの流入や

検索順位、SEOで有利な場合があるためです。

個人的には、外部リンクは実感出来るのですが、SEOはそれほど感じれてないのは私がうまく活用出来てないのかなと思います…

中古ではあるのですが、新品を取るより割高なので値段を見て決めましょう。(スゴイ値段でやり取りされてるものもあります)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする